ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2011年08月05日

アプローチは腹筋で打つ

アプローチは腹筋で打つと良い。
アプローチに悩みぬいて得た結論が、この腹筋で打つである。


よくプロの解説などでアプローチと言えでも体重移動がいるのいらないのとややこしいコメントがある。
余り下半身を使わずにというのは正解のようである。
どっしりとしているのが良い。


しかし、手首をこねて手だけで打っては絶対にダメである。
ザックリやトップがしょっちゅう出るのは手だけで打とうとしているからだと思うことが多い。
アプローチといえども体を使うのが良い。
ただし下半身ではなく、腹の筋肉である。


それを腹筋と表現した。
腹筋をうまく使って、左手は出来るだけ固定するつもりで打てば距離感が安定するようである。


するようだとの表現は、進行形で、確めながら現在も練習中である。
もう少しすれば、アプローチは腹筋でと断定する決定版を出せるだろう。


posted by yasuucare at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ練習方法   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。