ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2011年08月06日

ゴルフ練習で苦手意識

ゴルフ練習で苦手意識をなくしてしまえ、とよく言われる。
苦手意識があるから練習するのか、ゴルフ練習をするから苦手意識がめばえるのか微妙な所である。


こんなことを感じるのは、それ程ゴルフ練習に打ち込む所まで入っていない証拠であろう。
ゴルフ練習で自信をつけようとすれば、かなりの打ち込みが必要になるとつくづく思うことがあるのである。


というのは、殆どの人が苦手とするバンカーショット。
これは上手な人に言わせると、ダフらせて打つのでバンカーショットほど楽なものはないと。
普段ダフッてばかりなのに、何故バンカーでダフらせることが出来ないんだと。


冗談じゃない。
こちトラはいつも必死で打っているのだ。
ダフらそうなんて、たいそうなことが出来るはずがない。


一生懸命、芯に当てようとして、それでも残念ながらダフってしまうのだ。
そんなダフらせるようなゴルフ練習など難しいに決まっている。
ダフらせようとすれば、ちゃんと当たってしまうのだ。


ゴルフ練習には、このジレンマが付いて回る。
特にバンカーショットはそうである。
こうしてゴルフ練習で苦手意識が突き進むのである。


【足/膝/腰/外反母趾/姿勢】靴の中に入れるだけで、足裏から刺激し改善。理学療法士監修インソール(靴の中敷)


posted by yasuucare at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ練習方法   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。