ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2014年06月24日

ゴルフはメンタル

ゴルフはメンタルなスポーツです。
改めて申し上げるまでもないと思います。
しかし、つくづくと実感しているのです・・・。


実は、アプローチイップスにかかってもう1年以上になります。
練習では何ともないのに、本番でアプローチをする時には身体が固まって動かないのです・・。
パターやドライバーでもイップスがあるようですが、それは経験していないので分かりません。
ただ、体がとても重く固いと聞きます。


そんなバカな、と思われる人はイップスの経験が無いのです。
先日、仲良しのへぼゴルファーとラウンドした時です。
やはり、体が固まってしまいました。
仲が良いので、思い切って打ち方が分からない、体が動かない、と泣き言を言いました。


近くに寄ってきて、あれこれアドバイスをくれましたが、やはり体は動きません。
ぎこちないままでボールもよく見ずに押し出しただけでした・・。


練習では何ともないのに、どうしてでしょうか?
全く分かりません・・。


ただ、アプローチがうまくいっている時は、いわゆるヘッドに仕事をさせている、ヘッドの重みを感じて下に落とすだけ、という表現がピッタリなくらい力が抜けているのです。
アプローチですから、パターの様に賭けもないのでそんなに力が入らないはずなのに不思議です・・。


座禅を組むとか、瞑想をするとかしなくては治らない感じです・・。
これもゴルフでしょうか・・?
それとも、もうゴルフを手放した方がいいのでしょうか・・?


インターネット特化型中古ゴルフ専門店「ネットオフ・ゴルフ」







【関連する記事】
posted by yasuucare at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ練習  メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。