ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2014年08月06日

アン・ソンジュのつぶやき

アン・ソンジュのつぶやきを聞いた。
あれほどのプレーヤーでも、悩み落ち込んだのだ。
でも、ちょっとしたアドバイスで立ち直れる素養を持っていた。


アン・ソンジュは言う。
テークバックからインパクトまでの一連の流れで重要なのは肩を動かす意識を強く持つことだ。
腕で振り回すと上体が力んでしまい、下半身も安定しなくなる。


それぞれに体の柔軟性や骨格が違うのだから、トップの高さは気にする必要はない。
左肩がアゴの下にグッと入っている状態なら、その人にフィットしたトップの位置になっている。


ダウンスイングのポイントは右肩、ボールは最後まで見続けてテンポはゆったりと「イチ、ニッ、サン」。


インパクトは7割の力だ。
全力で振るなどもってのほかで、私は8割の力も出さない。


スイングの肝は頭の位置を動かさないことと指摘したが、どうしてもヘッドアップしてしまうようなら球を最後まで見続ければいい。
最初は窮屈だろうが、次第にうまくとらえられるようになる。

 
チェックポイントは増やしたくないが、あえて加えるならダウンスイングで右肩が下がらないようにすること。
右肩が早く落ちるとしゃくり上げる形になって、トップやダフりなどミスの原因になる。


この重要性を教えていただいたのが、岡本綾子さんだった。
アン・ソンジュのスィングを見ていた岡本綾子の炯眼にも驚くが、そのアドバイスをすぐにこれだと納得できる力があったことにも驚いてしまう。


天才は天才を知るということかもしれないが、いくら良いアドバイスをもらっても相変わらずの自分のスィングに溜息が出るばかりだ・・。


posted by yasuucare at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ練習方法   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。