ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2014年08月25日

上田桃子 3年ぶりV

上田桃子が3年ぶりにV勝利だ。


3打差の2位から出た上田桃子が5バーディー、1ボギーの69をマークし、通算9アンダーで逆転優勝した。
上田は3年ぶりのツアー優勝で通算10勝目 。


単独首位から出た森田理香子はパープレーとスコアを伸ばせず、1打差の2位に終わった。


上田桃子は、2007年に21歳で賞金女王となり、翌年から米ツアーに参戦した。
しかし、米本土では1勝もできずに、昨季限りでシードを失った。
今季から国内ツアーに専念している上田には一つ、反省がある。


「今まで、足りないものばかりを追い求めていた。自分の持ち味は何かと、自問しました」

「今日は、いいスイングをしようとか一度も考えなかった。気持ちでそこに持っていくというゴルフ。泥臭く攻める、です」


上田桃子の心情は、気の強さと攻めっけだと思う。
しかし、気持ちが高ぶってスィングがついていかなかったのだと思う。


この大会では、久しぶりに精神的に余裕のある上田桃子の顔を見た。
例えボギーでも投げやりにならず、むしろ笑みがこぼれるほどのマインドコントロールが出来ていた。


だから、優勝スピーチでも心情をはきだすような良い話が聞けたのだと思う。
ファンも満足しているだろう。


あの強気の攻めとパットがよみがえれば本物の復活だ!


posted by yasuucare at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内女子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。