ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2014年11月22日

松山英樹、単独首位浮上 ダンロップゴルフ第2日

松山英樹がダンロップフェニックスゴルフ2日目にして単独首位に浮上した。


ダンロップ・フェニックス第2日(21日・宮崎県フェニックスCC=7027ヤード、パー71)11位から出た松山英樹が1イーグル、6バーディー、1ボギーの64で回り、通算10アンダーの132でトップに立った。

 
首位と1打差の2位に64で回ったジョーダン・スピース(米国)と、I・H・ホ(韓国)が続く。
さらに1打差の4位に池田勇太と、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)がつけた。


賞金王争いでトップの小田孔明は通算5アンダーの8位、石川遼は2オーバーの54位
3オーバーまでの63選手が決勝ラウンドに進んだ。


松山英樹の18番イーグルは圧巻だった。
言わばアルバトロス逃しのイーグルみたいなもので、スピースもびっくりしただろう!


それに引き換え石川遼は、多くのトッププロが目を血眼にして戦う真剣勝負の場所に妹をキャディーで引っ張り出すなんて・・。
他のプロやキャディーを舐めている様にも感じられかねない!


posted by yasuucare at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内男子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。