ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2016年08月21日

ウィンダム選手権PGA層の厚さ

ウィンダム選手権では松山英樹が頑張っているが、PGAツアーの層の厚さも思い知らされた。


松山英樹は予選2日間を10アンダーの2位タイで通過したが、3日目はわずかに2アンダーしか伸ばせず6位タイに降下した。


トップは相変わらず韓国のキム選手で、この日も6アンダーと伸ばし18アンダーは2位を4つも引き離した結果となっている。


それにしてもムービングデーの3日目は、どの選手もスコアを伸ばし5アンダーや6アンダーの選手がゴロゴロだ。


トータルで10アンダー以上の選手が何と17人もいるのがすごいところで、こんなところで勝つにはよほど4日間調子が良くなければならない。


posted by yasuucare at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PGAゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。