ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2016年08月23日

猫ひろし健闘139位

猫ひろしがオリンピックで健闘し、結果的には139位だったけれどカンボジアの代表として、また日本の芸人としてその根性を世界に示しました。


つまり、リオ五輪男子マラソンカンボジア代表の猫ひろし(39)は、2時間45分55秒で見事完走したのです。


完走者の中ではブービー賞だったが「最高の42キロでした」。ゴール地点ではお決まりの「にゃー!」ポーズで喜び、スタンドをあおるなど、地球の裏側でも芸人魂を見せつけました。


猫ひろしは先頭集団からあっという間に離され、5キロ地点では155位の最後尾だったのですが、10キロ地点では1人抜いて154位と奮闘。


被っていた帽子も投げ捨て、必死の形相で走り続けました。
30キロ地点では2人を抜いて147位。35キロ地点でも1人抜いて144位に。


どんなに苦しくても「絶対に歩かない」と意地を見せ、ゴール目前の40キロ地点で140位、最後は139位まで順位を上げる大健闘でした。


やはり記録とか順位とかになれば、本格的なマラソン選手とは格差がありますが、市民ランナー的なイメージでいえば、よくもオリンピックに出場し完走したなです。


猫ひろし、ブラボーです!
私たちも、一ゴルファーとしてオリンピックを目指すぐらいの気構えがあれば・・・?


ラベル:猫ひろし
posted by yasuucare at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ練習方法   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。