ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2017年01月08日

松山が首位と2打差の単独2位

松山が首位と2打差の単独2位に浮上してきました。
朝8時の段階ではまだまだだったのですが、後半の追い上げがものすごかったのです。


男子ゴルフの米国ツアー、SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズのカパルアGCプランテーションコーで3日目が行われ、
好調の松山英樹は通算16アンダーで単独2位に浮上しました。


2日目には一時首位にも立った松山は、この日はパー5の4ホールすべてでバーディーを記録しました。
9番から15番までの7ホールで手にした5つのバーディーを含め、8バーディーを奪ったのです。

 
単独首位には、スコアを6ストローク伸ばして通算18アンダーとしたジャスティン・トーマスが立っています。
トーマスは若手の有望株でノリに乗っているので要注意です。


きっと最終日には松山秀樹とトーマスとの一騎打ちになるでしょう。


posted by yasuucare at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PGAゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。