ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2017年06月26日

鈴木愛

鈴木愛の底時からを見せてもらった。


アース・モンダミンカップ最終日は鈴木愛が3打差リードで楽勝の逃げ切りだと思っていたがドラマがあった。


17番はバーディーチャンスにつけ、いよいよぶっちぎりだと思ってみていたら、何と3パットのボギーとして1打差に迫られてしまった。


そして、最終18番のロングはともに長いバーディーパットを残すのみ。
これを2位の三ケ島が先に沈め並ばれてしまった。


17番のパットを見ていたら、場合によれば3パットかと思わせられたが、これを入れ返してバーディーとし逃げ切った。
素晴らしい集中力と精神力だと思う。


鈴木青はこれからもっともっと優勝を重ねてくるだろう。


ラベル:鈴木愛
posted by yasuucare at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内女子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。