ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2018年08月24日

アプローチの極意

アプローチの極意という言葉をよく聞く。
ただ、極意だから誰にも通用すると思いがちなんだけど案外難しい。
我々へぼゴルファーにとっては、その時の体調や調子によっても大きく左右されると思う。

今まだ、まっすぐにヘッドを引いてまっすぐに押し出すというパターばりのやり方をしてきた。
それはそれで悪くはないと思うんだけど、意外とまっすぐに引く意識が強いと、低くまっすぐ引いて低く押し出すことになりダフリやすいと思うようになった。

少し上からヘッドの重みを利用して押す感じが今はいいと思う。
ただ、それでもトップしたりダフッたりと色々うまくいかないことも多い。

イップス状態をしのぐには練習しかないと思うんだけど、どうしたもんだろう。
練習では比較的うまくいくのに、コースではいつもさっぱり・・。
posted by yasuucare at 09:22| Comment(0) | ゴルフ練習場   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。