ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2017年08月09日

勝みなみ

勝みなみがプロデビューする。


長野県にある軽井沢72ゴルフ 北コースにて行われる「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で7月末のLPGA最終プロテストに合格した勝みなみが、プロデビューを果たす。


プロデビュー戦まで3日を切ったが「気持ちは穏やかと言うか、普通ですね」。
勝みなみはプロ転向後初戦だが、アマチュアでのツアー優勝実績を持ち、数多くの試合に出場してきただけに、心境は大きく変わらないようだ。


女子プロは韓国勢をはじめ、優秀な若手が次々と排出するのに男子プロはどうなっているのだろうな?
もっとも、松山英樹だけは別格ではあるが・・。
ラベル:勝みなみ
posted by yasuucare at 07:48| Comment(0) | 国内女子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

アン・シネの強さ

アン・シネの強さを見せつけられた。
ゴルファーは容姿だけでなく力も見せつけないと・・。


アン・シネ(韓国)が2度の3連続を含む7バーディ、1ボギー「66」で回り、6アンダー2位で発進した。


日本ツアー11ラウンド目で、自己ベストスコアを更新。“本気モード”になったセクシークイーンに笑顔が弾けた。


アン・シネは韓国ツアー3勝の実力で、堂々の上位争い。
「やっぱり選手なので、外見だけではなく良いプレーをしたい」。


もちろんラウンド後は、列になったファンにサインを書き続けた。
初夏の北海道に吹き荒れる“アン・シネ旋風”を自らの腕で加速させる実力者でもある。
posted by yasuucare at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内女子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

鈴木愛

鈴木愛の底時からを見せてもらった。


アース・モンダミンカップ最終日は鈴木愛が3打差リードで楽勝の逃げ切りだと思っていたがドラマがあった。


17番はバーディーチャンスにつけ、いよいよぶっちぎりだと思ってみていたら、何と3パットのボギーとして1打差に迫られてしまった。


そして、最終18番のロングはともに長いバーディーパットを残すのみ。
これを2位の三ケ島が先に沈め並ばれてしまった。


17番のパットを見ていたら、場合によれば3パットかと思わせられたが、これを入れ返してバーディーとし逃げ切った。
素晴らしい集中力と精神力だと思う。


鈴木青はこれからもっともっと優勝を重ねてくるだろう。
ラベル:鈴木愛
posted by yasuucare at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内女子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

好発進アン・シネ

好発進アン・シネだけど不安があるらしい・・。


黄色いウェアに身を包んだアン・シネ(韓国)が、日没迫る最終組でホールアウト。
5バーディ2ボギーの「69」でプレーし、3アンダーとして首位と3打差の14位で初日を終えた。


午後1時19分の最終組で出たアンがホールアウトしたのは午後6時過ぎ。それでも多くのギャラリーが最終9番のグリーン上まで見守った。


ホールアウト時に鳴り響くシャッター音に気づくと、右手を挙げてポーズを決めるファンやメディアへのサービスもさりげなく…。


「あしたはみなさんを失望させちゃうかも」と話すのはプレーのことではなく、ウェアのこと。


予告では、ベビーピンクのポロシャツに日本では初披露となるショートパンツを着用予定という。


「あしたは(目標の予選通過に)大事な1日。なるべく楽なウェアで、集中してプレーしたい。(そのために)ショートパンツの丈が少し長いから…」。


アン・シネの魅力はプレーよりも今のところは美形と体型。
そのためにも予選を通過してもらわねばならないが、キム・ハヌルなどに比べればやはり実力的には見劣りする感じだ。


当分はともかく楽しませてほしい・・。
ラベル:アン・シネ
posted by yasuucare at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内女子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

穴井詩

穴井詩の2バーディーが幻に・・。


ヨネックスレディスゴルフトーナメントは、雷雲を伴う悪天候のため、午後3時前に第1ラウンドの中止が決定された。


51人がスタートしていた成績はすべてキャンセルとなり、2日目に改めて第1ラウンドを実施する。


悔やんでいたのは、中止が決まった前半2番までを2連続バーディとし、2アンダーで首位に立っていた穴井詩。
「調子が良かったのでやりたかった。幻になっちゃったな…」と肩を落とした。


穴井詩ちゃん、また良いこともあるだろうさ・・。
posted by yasuucare at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内女子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする