ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2017年11月22日

イップスの克服

イップスの克服には練習しかないような気がします。


あえて言えばイップスとはご飯を食べるときに、箸は右手でこう持って、お茶碗は左でもってというように命令しないと動かないしぐさだと思います。
普通ならそんなことは考えもしない・・。


まるで空気を感じて息をするようなのがイップスでしょう。


だから、無意識に行えるようにするにはメンタルを鍛えるか、メンタルを感じなくても無意識に動けるように練習するのみだと思います。


私のアプローチがそれなのですが、少しづつ克服というか動きがぎこちなくないようになってきつつあります。
毎日素振りをしているからでしょう。
ただ、ゴルフ場ではどうなのか、以前よりは少し不安が少ないような・・。
posted by yasuucare at 08:06| Comment(0) | ゴルフ練習場   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

ケプカ2連覇

ケプカがダンロップフェニックスを2連覇した。


最終日は全米オープン覇者のブルックス・ケプカが67で回り、通算20アンダーで初日からの首位を守り、2連覇を果たしてしまった。圧勝というほかはない。


ケプカは「パットがよかった。自分をコントロールできていた。松山のホールインワンで大歓声を聞いたが、それでも動じなかった」と淡々とコメントしているが、あの飛距離とボールを最後までとらえるスィングは、ヘッドアップで悩んでいる者にとっても特別に参考になっただろう。


最終ホールのOKイーグルも申し分なしで、他の選手はみんな完敗だ。
ラベル:ケプカ2連覇
posted by yasuucare at 08:46| Comment(0) | 国内男子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

石川遼5戦連続予選落ち

石川遼が5戦連続予選落ちをした。
かなり重症だと思う。


国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の第2ラウンド。全選手がこの日の競技を終え、韓国の19歳イム・ソンジェとスンス・ハン(米国)がトータル11アンダーで首位に並んだ。


今季国内5戦目の石川遼は1バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“76”と振るわず、トータル8オーバーでブービーとなる79位に低迷。自己ワーストとなる5戦連続予選落ちとなった。


もう、どうにでもしてくれの心境かもしれない。
ただ、まだまだ若いんだ。
やけくそはいけない・・。
posted by yasuucare at 17:15| Comment(0) | 石川遼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

石川遼の悩みは深い

石川遼の悩みは深そうだ。


PGAのシード権を手放したのはやむ無しかもしれないが、それが実力だった。
しかし、日本ツアーに復帰して予選落ちとは情けない。
そこまで力が落ちているとも思えない。


ということはメンタルだろうか・・。


どんなに強い選手でもスランプに落ちることはよくあり、それは競技者として通る道かもしれない。
ただ、歴史に残る選手は必ずそこから這い上がりカムバックしてきた。


あのタイガーウッズでもそうだ。
タイガーも苦しんで這い上がろうとしているようだ。


そのことを思えば石川遼の力なんてまだまだだ。
メンタルを回復させるのは容易ではないかもしれないが、それをこなしていくのもまた実力である。


瞑想でも修行でも何でもいい。
ともかく何か動いて手に入れることだ。


多くのファンが待ち望んででいることだけは忘れてほしくない。

ラベル:石川遼の悩み
posted by yasuucare at 08:00| Comment(0) | 国内男子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アプローチの極意

アプローチの極意を教えてくれる記述や動画がたくさん出ている。
どれもごもっともなものであるが意外と難しい。


それはアプローチイップスに対してのものである。
アプローチのなるとどうしても力が入って、ついついピンばかり見でヘッドアップになっている。


右手に力が入ってパンチばかりだ。
多分ざっくりを繰り返しているので、それを防止するために右手で押し出してパンチになっている。


どうすればいいのか?
あれこれ悩んでばかりだ。


ただ、最近これだと思うものがある。
一つは、アイアンの下から3本目の線あたりで撃てという指導だ。
芯を食うためらしいが、ともかく見る目標がはっきりしている。


そして、リズムは1,2,3だとか・・。
まあ、ゆっくりとタイミングよく降ることなのだが、ともかく体のひねりで撃つことが大切なようだ。
そうすれば、手を使わずに済む。


この辺りまで気が付いたのだが、さて実践となれば・・?
posted by yasuucare at 06:50| Comment(0) | アプローチが苦手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする