ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」


シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

2017年10月25日

石川遼の悩みは深い

石川遼の悩みは深そうだ。


PGAのシード権を手放したのはやむ無しかもしれないが、それが実力だった。
しかし、日本ツアーに復帰して予選落ちとは情けない。
そこまで力が落ちているとも思えない。


ということはメンタルだろうか・・。


どんなに強い選手でもスランプに落ちることはよくあり、それは競技者として通る道かもしれない。
ただ、歴史に残る選手は必ずそこから這い上がりカムバックしてきた。


あのタイガーウッズでもそうだ。
タイガーも苦しんで這い上がろうとしているようだ。


そのことを思えば石川遼の力なんてまだまだだ。
メンタルを回復させるのは容易ではないかもしれないが、それをこなしていくのもまた実力である。


瞑想でも修行でも何でもいい。
ともかく何か動いて手に入れることだ。


多くのファンが待ち望んででいることだけは忘れてほしくない。

ラベル:石川遼の悩み
posted by yasuucare at 08:00| Comment(0) | 国内男子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アプローチの極意

アプローチの極意を教えてくれる記述や動画がたくさん出ている。
どれもごもっともなものであるが意外と難しい。


それはアプローチイップスに対してのものである。
アプローチのなるとどうしても力が入って、ついついピンばかり見でヘッドアップになっている。


右手に力が入ってパンチばかりだ。
多分ざっくりを繰り返しているので、それを防止するために右手で押し出してパンチになっている。


どうすればいいのか?
あれこれ悩んでばかりだ。


ただ、最近これだと思うものがある。
一つは、アイアンの下から3本目の線あたりで撃てという指導だ。
芯を食うためらしいが、ともかく見る目標がはっきりしている。


そして、リズムは1,2,3だとか・・。
まあ、ゆっくりとタイミングよく降ることなのだが、ともかく体のひねりで撃つことが大切なようだ。
そうすれば、手を使わずに済む。


この辺りまで気が付いたのだが、さて実践となれば・・?
posted by yasuucare at 06:50| Comment(0) | アプローチが苦手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

宮里藍

宮里藍がアメリカで最後の試合に今季ベストの5位タイでフィニッシュです。


米国女子ツアー「キャンビア・ポートランド・クラシック」の最終日。肩の状態が心配された宮里藍は4連続を含む6バーディ・1ボギーの“67”をマーク。
5つスコアを伸ばしトータル13アンダー5位タイ、今季ベストの順位でフィニッシュしました。


何だか宮里藍の引退が惜しいような・・。
ラベル:宮里藍
posted by yasuucare at 19:43| Comment(0) | アメリカ女子ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

ジョーダン・スピース快調

ジョーダン・スピースが快調に飛ばしている。


ノーザントラスト選手権3日目はムーブングデイではあるが、やはり強いものが上位にひしめいてきた。


パットはもちろんショットも素晴らしかったスピースが、この日6アンダー、通算12アンダーで単独トップだ。


2位には3アンダーと伸ばし通算9アンダーのダスティン・ジョンソン、
ケーシーやリードラーム、ク―チャーらが7アンダーの3位タイにいる。


ファウラーは4オーバーと大たたきし陥落していったのが残念だ。


順調にいけば3位タイ以上のところから優勝者が出るものと思う。
posted by yasuucare at 07:53| Comment(0) | PGAゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

松山英樹 予選落ち

松山英樹が予選落ちした。
優勝候補のNO1にまで数えられていたのに何たること・・。


まあ、それだけフィールドが難しく且つ競合が多いということだろう。


ノーザントラスト選手権2日目の途中まで3アンダー、通算1オーバーで40位台にまで上がっていたのに結局、通算3オーバーでカットラインに1打及ばなかった。


トップタイには、ぺガス、ダスティン・ジョンソン、ファウラー、スピースら4人が通算6アンダーで並んでいる。
優勝争いも混沌だろう。
ラベル:松山英樹
posted by yasuucare at 07:39| Comment(0) | PGAゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする